スキマシカク

24歳男子。塾講師をしながら隙間時間に歴史と資格を追求中!

更新一時休止のお知らせ

おはようございます!
クリックをありがとうございます。
suki弟です。

本日から日曜日まで長野県旅行に行ってきますので、更新を一時休止にします。
一旦、公務員試験の勉強が途絶えはしますが、昨日まで詰めていたので、その分息抜きをしていきます!

また帰ってきたら更新をするので、その時はまたブログを除いてもらえると嬉しいです(*´∀`)

【公務員試験】学校事務への軌跡 ⑧

こんばんは!
クリックをありがとうございます。
suki弟です。

現在、ブログ更新のために休憩中ですが、速報でジャニー喜多川さんが死去されたと出ました。
昭和中期から平成までの男性アイドル文化を築いてきた方の死去というのは、たいへん大きな出来事であると思います。
またビッグと言われる方が逝去することになってしまい、もの寂しく思うばかりです。


さて、公務員試験の進捗についてです。
今日はマクロ経済学行政法を並行してやっていきました。マクロ経済学は一般教養の箇所を読破しましたが、ミクロ経済よりも分からずでした( ;∀;)
用語はよく聞く物が多い中で、計算式が煩雑に思ってしまい理解が進まないんですよね…
周回して押さえるしかなさそうです!

行政法行政法の全体図と行政組織法、行政作用法の行政行為の分類まで勉強しました。
うーん…こちらも用語が難しくて、理解が進まない状態。
周回して押さえるしかなさそうです 笑

マクロ経済学ミクロ経済学のテキストを見ると、公務員試験は暗記が肝心だと筆者は書いているので、その言葉を信じてまずは周回するようにします。

勉強のモチベーションが下がらないように更新もしていきますよー!

最後に、紹介したテキストのリンクを貼りますので、興味のある方はクリックしてみてください。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回の更新をお楽しみに!

公務員試験 最初でつまずかない経済学 マクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 マクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

【放浪記】津波の”生き証人”~細江神社(浜松市北区細江町)~

おはようございます!

クリックをありがとうございます。

suki弟です。

 

今日は時間指定更新のシステム動作の確認も込めて本記事を作成しました。

 

さて、昨日(7月7日)は七夕ということもあり、お願い事を短冊に…と一瞬頭をよぎりましたが、天気はあいにくのどんより雲&雨であったため、さすがの彦星様と織姫様も会えないだろうなと思って、短冊に願い事は書き綴ることはせずでした 笑

七夕と言いますと、七夕伝説が連想されますが、もともとは中国の言い伝えであります、「乞巧奠(こうきでん」が由来となっています。

中国の言い伝えが日本に輸入され、七夕物語が広がっていた経緯もあり、さらにそこから日本の五節句の一つに挙げられるようになりました。(ちなみに五節句とは1月1日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽を表します。)

日本にとってみたら、七夕物語のような悲哀なストーリーは共感しやすいものであるがゆえに、取り込まれたものなのかなと思わされますね。

 

閑話休題

先程、言い伝えの話をしましたがこういった伝承は七夕のように全国で知られているものもあれば、今回取り上げる神社であります「細江神社」にも独自の言い伝えがあります。

例えば、本神社の御神木である楠が、明応の大地震(1498年)によって引き起こされた津波が新居(静岡県湖西市新居町新居関所が町のシンボルになっています)に鎮座していた角避比古(つのさくひこ)神社から流されてきたものであるというものです。

新居と細江は浜名湖の沿岸にある町でして、それぞれ時計の7時、3時に位置する場所であります。これだけ離れている所に御神木(実際、角避比古神社の神様として祀っていた大木)が細江神社まで漂流するというのは何とも信じがたいと思う気持ちもある一方で、このような話が伝承としてあることに興味が湧きますね!

実際、その御神木を拝見しましたがたいへん力強く、生命の息吹をどっしりと感じさせる大木でありました。さらに、細江神社の同じ敷地には「藺草神社」が併設されており、その近くにあった大木は「大蝙蝠と大蛇の3日間の死闘」の伝承があり、死闘によって出された”血痕”が生で見られます。内心、どこまでが本当か分かりませんが、そこは漠然とさせておきましょう 笑

その伝承を凌駕する面白いと感じた藺草神社の由来です。

先とは別の地震である宝永の大地震によって細江周辺が塩害を受け、稲が実らなくなった。その際、当時の領主に農民から「どうにかしてくれ」という直訴を受け、九州豊後国の領主から「琉球藺草」を購入し、それを育てることで塩に強い藺草はぐんぐん生育し、それを畳や笠に加工して、農民の生活を充実させていきました。その功績を認められて、領主であった近藤用隧(もちゆき)を祀る際に建立した神社が、藺草神社になったそうです。

こういった人の功績を後世に残した先人には脱帽ですね。

 

以上のような神社がある細江神社であるため、現在は地震の生き証人として、地震お守り等が授けられています。実際に、御朱印を頂く際にも多くの御守りや札がありました。

あいにく、私はお守りに関しては魅力がまだ分からないので、購入はしませんでしたが気にはなりましたね!

 

細江神社のすぐ近くには姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館という施設があり、そちらも大変興味深い施設となっています!

また、その施設についてはレビューしていきたいと思います!

 

最後に、本記事で紹介した細江神社と姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館のサイトのリンクを貼ります。興味を持った方は見てみてくださいね!

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

また次回の更新をお楽しみに!

 

細江神社

https://hamamatsu-daisuki.net/search/area/are-north/post-391.html

 

姫街道と歴史民俗資料館HP

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/09annex/hakubut03.html

 

【公務員試験】学校事務への軌跡 ⑦

こんばんは!
クリックをありがとうございます。
suki弟です。

今日は浜松市内に鎮座する由緒ある神社に参拝した後、コメダ珈琲店にてミクロ経済を勉強していました。
今週の目標はミクロ経済の書籍を基礎教養まで読むというものでしたが、結局読破してしまいました! 笑
寡占と独占の実践編にかなり手こずりまして、理解が殆ど追い付きませんでしたが、それ以降の余剰分析とパレード均衡、ミクロ貿易論については"分かったつもり"になりました。
しばしば、分かったつもりになることが悪であるという論が出ますが、それに関しては一部賛成の立場です。
「自分が"分かったつもり"になっていることを認識し、これを解消することに努める」
とすることで、分かったつもり=知識理解の自己認識につながり、まだまだ自分の実力不足を知るorある程度の実力が伴ったことを知る機会になると考えます。

従って、まずは自称"分かったつもり"になることを目標に一読し、そこからより精緻化を図る勉強をしてみることが肝心になります。
私もミクロ経済については、"分かったつもり"になったので、それを復習して実力不足を知り、更なる勉強をして知識を高めていきます!

とは言っても、まだまだ分かったつもりにもなっていない科目が多数……
道は遠いですね( ;∀;)

さて、一週間の終わりであるため、振り返りをして来週の目標をたてるため、再び勉強机に戻ります!

最後に、現在使用しているミクロ経済のテキストと問題集(過去問)のリンクを貼りますので、興味のある方はクリックをしてみてください。
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回の更新をお楽しみに!

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 ミクロ経済学

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 ミクロ経済学

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

【FP2級】FP2級技能検定合格発表 

おはようございます!

クリックをありがとうございます。

suki弟です。

 

昨日、7月6日㈯にFP2級の結果通知書が郵便で届きました。

結果は…

 

 

 

 

完全合格!!!!!!!!!!

f:id:hanyatai:20190707010926j:plain

 

 

本当に4か月間化の勉強が功を奏した結果だと自負しています。

24歳の身分ですから、これが最後の試験になる訳ではありませんが、内心は「最後の一回にしよう」という気持ちで勉強をしていたかいがあったかなと思っています。

私の性格は非常に緊張しいであるため、本当であれば「今回は模擬試験の気持ちで受ければいいさ」と楽観的に見たほうが精神分析上良いことは分かっているのですが、昔からの考えが抜けないんですよね(^-^;)

そうはいっても、結果が付いてきたことは本当に嬉しく、だいぶ自己の自信につながったと心から思っています。

 

細かい結果ですが、

学科試験 41点(ライフプランニングと資金計画:8点、リスク管理:8点、金融資産運用:5点、タックスプランニング:7点、不動産:6点、相続・事業承継:7点)

筆記試験 83点(詳細不明)

 

というものでした。

 

自己採点の結果(過去の記事にてhttps://sukimashikaku.hatenablog.com/entry/2019/05/27/000449)

を見ますと、学科試験は一致していまして、筆記試験は84点としており、1点の誤りがあった次第でした。

そうなると筆記試験の点数の出し方は過去の記事で書いたような形を取ればおよその点数が出ることが証明されたのではないかと思います。

もし、これから受験する方は参考資料として使用してみてくださいね!

 

これでFP2級については完結しました。

ただ、お金の勉強はこれからも行うべきものだと考えているため、少しずつ成長をしていきたいと思っています。

とりあえずは今やるべき勉強を優先していき、それがある程度落ち着いたら、AFPの地位を獲得し、自己の”お金”に関する知識を磨くだけでなく、それを用いてあらゆる人にアドバイスをできるようになりたいと考えています!

あまりにも期間が空いてしまうと、知識も薄らいでいくので可能な限り、早めに勉強をしていく予定ではあります。

 

FPを受験する方のうち、企業から資格をパスしろという方は実務で使うことがあるため、勉強のモチベーションは維持しやすいと思います。しかし、将来に向けて個人的に場学ぶ方にとってなかなかモチベーション維持が難しいと感じるかもしれません。そういう意味では、日々の達成感や分からないと嘆いたり愚痴を書いたりしている本ブログは何かしらの一助になるのではないかと思います。

是非、勉強する気が起きない…と思ったら、数分本ブログを見てフフッとなっていただけたら幸いです。

 

そういうわけで、「FP2級合格への道」は完結とします!

これからも他の資格取得に向けての備忘録を書いているので、興味のある方は一読してみてくださいね!

 

最後に、FP2級取得にあたって使用した参考書・問題集のリンクを掲載します。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

次回の更新もお楽しみに!

 

 

合格力養成! FP2級過去問題集 学科試験編

合格力養成! FP2級過去問題集 学科試験編

 

 

 

史上最強のFP2級AFP問題集19-20年版

史上最強のFP2級AFP問題集19-20年版

 

 

 

みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP 2018-2019年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

 

【公務員試験】ミクロ経済学のこぼれ話 学校事務への軌跡 ⑥

こんばんは!
クリックをありがとうございます。
suki弟です。

今日はミクロ経済のテキストを読み進めまして、専門教養の需要と供給、家計の行動(消費者行動)、企業の行動まで押さえました。
僕はかなりの遅読家&理解が遅い人であるため、計4時間半くらいかけてこの三章を入れていきました。

やはり教養と実践ではかなりのレベル差がありまして、理解が進みませんでしたね…
特に、代替効果と所得効果は教養編でもつまずいていたので、また教養編から見直す必要有りだと思わされました(*_*)
需要と供給は一応、全て理解しましたので、過去問を追えばなんとかなりそうだなという感想です。

これだけ時間はかかったものの、テキストはかなり平易に書いてくれているため、大変助かります!
皆さんもこのテキストを読んで、躓きを解消してみてください!

最後に、紹介したテキストのリンクを貼りますので、興味のある方はクリックしてみてください

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回の更新をお楽しみに!

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

公務員試験 最初でつまずかない経済学 ミクロ編

【公務員試験】勉強をしてきた経験 学校事務への軌跡 ⑤

こんばんは!
クリックをありがとうございます。
suki弟です。

公務員試験を受けると決めてから、数日後に高校時代の学習日記がよみたくなり、机の引き出しから引っ張ってきました。
その中を見ると、一日の合計時間と各科目何時間やったかを具に書いているのを見て、そのときの自分って頑張っていたなと素直に思いました。
反面、1日12時間を週5でやっていたり、それが出来なかったときは自責の念に耐えられず…などとほざいていたりと、我ながらイタイ高校生だったと再認識しました 笑

もしかしたら自分のノートもどこかで使えるかもしれないので、近日公開するかもしれません!
またその時は読んでいただけると幸いです!!

今日は短いですが、これくらいで失礼します。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回の更新をお楽しみに!